Top
タグ:結婚生活 ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
妊娠中に読んでいる書籍3冊+α
妊娠生活も6か月目に入りました。

5か月中盤ごろからお腹も目立ってきて、6か月に入ってすぐの健診では性別も判明し(別のブログで詳しく書きました、この記事の最後にリンクがあります)、日ごとに実感が増していく最近です。

そんな中、妊娠中と子どもが産まれてからのためにわたしが読んでいる本について書いておこうと思います。

◆若杉友子さんの本◆

子宮を温める健康法

若杉友子/WAVE出版

undefined


こちらは妊娠を考え始めた頃に手に取って、あらゆる面で衝撃を受けた1冊。
「現代女性は子宮が冷蔵庫のように冷えきっている」というオビの言葉に、ドキッとしませんか?
本当に、世の中の全ての女性に読んでほしいと心から思う本です。
少し昔の日本人が当たり前にやってきた食事、生活習慣、食養の教えから見直す自分の身体のこと。この本を読んでから、わたし自身、食べ物や身体への見方、考え方がかなり変わったと思います。

若杉ばあちゃんの一汁一菜子育て法

若杉 友子/WAVE出版

undefined


そして、先日新たに購入した若杉ばあちゃんの子育て本。
「子宮を温める健康法」にも書かれていることがベースになっていますが、子どもの食べ物や、薬に頼らず自然のものでできる手当て法などがわかります。

若杉ばあちゃん、いつか絶対に生でお会いしてお話を聞きたいです。

◆ばあちゃん助産師(せんせい)坂本フジエさんの本◆

ばあちゃん助産師(せんせい) こころの子育て

坂本 フジヱ/産業編集センター

undefined


こちらは、わたしの母が買ってくれました。
子どもを迎えてからの、お母さんや家族の心の持ちようについて綴られています。
全部「は〜、そうやなぁ」という風にスーッと胸に入ってきます。
大きい字で書かれていて読みやすく、目を使い過ぎてはいけない妊産婦さんへの心遣いを感じます。

それから、書籍ではないけど、とても頼りにさせていただいている情報源を。

◆助産師 ほしこさんのブログと「産後1か月リハビリBOOK」◆
産む力を育てる助産師の整体【あったかい手】@福岡
こちらのブログ、妊娠前に身体を整える方法を模索している時に出会い、もう隅から隅まで読み、とても参考にさせていただいていました。
助産師さんで、ご自身の二人の女の子の出産・育児経験に基づいた女性の「産む力」を育てる身体の使い方やちょっとしたコツを、分かりやすく丁寧に書いておられます。
最近、受付を開始された「産後1か月リハビリBOOK」はわたしも申し込み、安産と明るい産後のためのいちばん実用的な参考書にさせていただいています。

読んでいる本はまだ若干ありますが、その中でも特にためになる(個人の見解です)と思うものを挙げてみました。これからお母さんになる方、いまお母さんを頑張っている方にも、役立つことがいっぱいあるんじゃないかなと思います。

◆妊娠中の記録を別のブログで書いています◆
つばめの巣ノート
妊娠を考えている方や、これから赤ちゃんを迎える方の参考になれば幸いです。

Top▲ | by tsubamenote | 2015-06-03 11:18 | 第1子妊娠中 | Comments(0)
ご報告
私事になりますが、ご報告です。
この度、第一子となる新しい命を授かりました。

先日、五か月目の最初の戌の日に、家族で安産祈願へ行ってきました。
わたしの実家と義実家との中間ぐらいに位置する、石清水八幡宮(はちまんさん)でご祈祷をしていただきました。
b0233906_10524764.jpg
当日は朝からこの上ない晴天で、本殿には爽やかな風が通り抜け、鳥の声なんかも聞こえてきて…
家族みんなでこんな日を迎えられたことを、とても有り難く思いました。
おさがりとしていただいた腹帯とお札は、リビングの書棚にお祀りしてみました(これで正しいのかあやふやなままですが…)。

妊婦期間もそろそろ折り返しにかかり、10月下旬の予定日までは、安産と明るい産後のための身体作りに励んでいく所存です。



Top▲ | by tsubamenote | 2015-05-21 11:04 | 第1子妊娠中 | Comments(2)
結婚1周年を迎えました
2013年11月10日。1年前のこの日、結婚式を挙げて入籍しました。
そしてきょう、結婚1周年を迎えました。

その1ヵ月ほど前、我が家に1通の書留が届きました。
なんと、結婚式を挙げたホテルから、1周年記念ディナーのご招待をいただいたのです!
記念日の10日は月曜日になるので、その前日の日曜日にお出かけしてきました。

b0233906_21592836.jpg
久しぶりに訪れる、東山七条のハイアットリージェンシー京都。
結婚式以来、そういえば来てなかったなぁ。でも1年ぶりという感じがしない。打ち合わせで足繁く通ったせいなのか、この1年が早かったのか・・・そんな話をしながら到着。

ディナーの前に少し、地下フロアへ。
わたしたちが会場にしたお庭の見えるガーデンルームを覗くと、ちょうど披露宴が行われていました。
あの日と同じ、雨の日曜日。夜のウエディングパーティーもまた雰囲気が違っていいかもしれない。

懐かしさに浸りつつ、このホテルの雰囲気、やっぱり好きすぎる…としみじみ思いました。

予約したレストランは、1階の「ザ・グリル」。
日本庭園を見下ろせる窓際の席へ案内していただきました。

b0233906_21593426.jpg
美味しいのは当然として、おなかをいっぱいに満たしてくれるのが、ハイアットのごはん・・・!

炭火でグリルされたお肉と野菜が、とても美味しかった。
パンも、ちまっとバゲット数切れ出されるんじゃなくて、おっきいまんまるのを切り分けて、まるごと!
うっかりお代わりお願いしたら食べきれなかった・・・

b0233906_21593896.jpg
さらに、お祝いのかわいいケーキまで用意していただけるなんて!!

さすがとしか言い様がありません。ハイアット様 大好きです。
素晴らしいホテルと一生続くご縁を持てて、本当に良かったです。

ホテルからこんな特別なお祝いをしていただけるのは、きっと1年目だけだろうし、次回に向けて二人でコツコツと「365日貯金」でお祝い資金を貯めていくことにしました。
これもまた1年間、日々の楽しみにできそうです。

b0233906_21594206.jpg
ディナーの途中で、思いがけず旦那さんが小さなプレゼントを渡してくれました。
ムーンストーンのブレスレット。

これ、少し前に一乗寺の恵文社に寄ったとき、ギャラリーで天然石アクセサリーの展示会があって、そこでわたしが「欲しいなー、けどちょっと高いし・・・」と言っていたものでした。
わたしが本を物色している隙に買っておいてくれたようです。
うれしい!毎日つけます。

b0233906_22041390.jpg
きょうからは、夫婦2年生のはじまり。
日めくりカレンダーを見ると「一粒万倍日」と書いてありました。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、選日の1つである。単に万倍とも言う。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。
wikipediaより引用

まさに、はじまりに相応しい日柄に驚き、うれしい。
しかも友引だし、周りの人にもいいことあるかも?あるといいなー。

この1年、あっというまに過ぎていったけど、夫婦ふたりが健康で、仲良く暮らしてこれたことが何より幸せなことだと思います。
うん。幸せしかないです。今。

いつも見守り、支えてくれるお互いの両親と家族にも感謝の気持ちしかありません。
みーちゃんもいつもありがとう。

夫婦2年生の毎日を、日々学び、楽しみ、過ごしていきたいと思います。



Top▲ | by tsubamenote | 2014-11-10 22:08 | 日常 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin