Top
タグ:結婚式 ( 2 ) タグの人気記事
Top▲ |
素敵なガーデンウエディングにお呼ばれしてきました
6月最初の土曜日、大安吉日。
後輩の女の子の結婚式にお招きいただきました。
b0233906_09035465.jpg
ガーデンでのお式と披露宴、と聞いていて、この時点で「彼女らしいな〜」と感じました。
届いた招待状を見ただけでも、二人がこの日に込めた想いや、地元愛をめいっぱい表現したい!という気持ちが伝わってきて、当日がとても楽しみでした。

山あいに建つ、広々とした芝生のあるレストランが会場。お庭はガーランドで飾られ、屋内の披露宴会場も手づくりのものや、色とりどりのお花でいっぱい。
新郎新婦の座る高砂がなんと木のベンチで、も〜〜かわいい!

曇り空の下ではありましたが、無事にガーデンでの人前式がスタート。
b0233906_09035478.jpg
笑いがあふれる、和やかな結婚式。
厳かなお式もいいけど、こんな可愛らしくってふんわりした雰囲気のお式はこの二人だからこそ、できるんだな〜と感じます。
ウエディングケーキもかわいい!(なぜかゲストの逆を向いてファーストバイトをする新郎新婦)
b0233906_09035468.jpg
ゲストへのおもてなしにも、いちいち感激。かわいいボトルのウェルカムドリンクや、おいしい料理のビュッフェ(もりもり食べました)。
二人のプロフィール紹介も、新婦のデザインで手づくり!生まれ育った地元のお気に入りのもの、大切にしているものなどをいっぱい紹介してくれています。
二人の所属するバンドの演奏もあり、賑やかで楽しい披露宴でした!

新郎新婦はこの結婚式に「タイセツマルシェ(収穫祭)」という名を付けて、大切な人たちに、自分たちの大切なもの…地元のおいしいものやお酒など、を集めて味わってもらおうというコンセプトで準備をしてきたそう。
その想いがみごとに表現された、本当に素敵な結婚式でした。
ここまで、二人の心が二人らしく伝わってくる結婚式は今まで見たことがありません。
ひとの結婚式で泣くことってなかったんですけど、この日は終始うるうるでした・・・

新婦となった1年後輩の彼女は、私が最初に勤めていた職場で公私ともに長い時間を一緒に過ごしました。
仕事ではつらいこともたくさん共有したけど、プライベートではバンドを組んだり旅行したり、音楽の趣味や好きなものなど共通点も多くて、一緒にいるのが楽しい大切な仲間でした。
その彼女が素晴らしい旦那さまとともに新しい人生を歩み始めたこと、その善き日に立ち合えたことをとても嬉しく思います。

これからの日々に、たくさんの幸せが訪れますように!

Top▲ | by tsubamenote | 2015-06-09 09:48 | おでかけ | Comments(0)
2013/11/10 結婚式を挙げました
約1ヶ月経ってしまいましたが、結婚式の写真とお話です。
※写真はすべて式場のカメラマンさんが撮影してくださったデータを使用しています。
b0233906_22275958.jpg
2013年11月10日(日)
場所は、京都・東山七条の「ハイアットリージェンシー京都」。

式場選びをしたのは、今年の春先でした。最初に見学したのがこのホテルで、他の式場を見てまわっても、やっぱりここがいい!という気持ちが強く、決めました。
初秋の京都、三十三間堂や国立博物館のすぐそばというロケーション、建物の中も落ち着いた大人の雰囲気。
さらに、ガーデンルームという日本庭園を臨むお部屋なら、もう間違いないだろうと確信したのでした。
建物の中での移動も少なく、ゲストの年配の方や足の不自由な方でも負担をかける事がなさそうだというのも安心できるポイントでした。

会場入口のウェルカムスペースには、新郎新婦の愛車(ホンダ S2000/ホンダ スーパーカブ)の模型を!
こちらは、私たち二人を引き合わせてくださったご夫妻の旦那さまがこの日のために制作してくださったものです。めちゃくちゃかっこいいです。バイクの方はカスタムしている部分まで忠実に再現。今や新居で家宝として飾らせていただいております!
あと、自作した鳥かごのオブジェは、直前にかなりやっつけ気味に作ったものでした・・・
b0233906_21433843.jpg
挙式は、和装での宴内人前式。
実は、お友達の結婚式からヒントをいただいてこの形を選んだのですが、本当に良かったなと実感しています。
チャペル式は今や当たり前で、ともすれば在り来たりになってしまいそうだと思っていたし、この式場の雰囲気には和装のほうが絶対似合うと思ったことも理由でした。
人前式からそのまま披露宴に移るので、ゲストの移動も必要なくて進行がスムーズ。ああ、これから結婚式を挙げる人全員にこの形をお勧めしたいぐらい!

進行は、新郎入場→新婦と両親入場→結婚宣言・結婚証明書の署名→指輪交換→お水合わせの儀。
お水合わせの儀とは、両家から持って来た水をひとつの器に合わせるという儀式で、演出のひとつとして取り入れました。
竹の筒は、新郎のお父様が竹薮から切り出してきて、つや出しまでしてくださった手作りのもの。本当にきれいに作ってくださって感激しました。
b0233906_22274924.jpg
お色直し後は、ウエディングドレス。
ウエディングケーキはPinterestで見た海外の写真からイメージして制作していただきました。シンプルだけどかわいい仕上がりになってよかった。

終盤の花嫁の手紙〜新郎挨拶のくだりは泣き所のはずなんですが、わたしは一滴も泣かなかったですね・・・
むしろ、終始ニヤニヤが止まりませんでした。自分でも可笑しいぐらいに・・・
この瞬間が楽しくて、嬉しかったから。

披露宴の最後には、当日撮影していただいたスナップフォトを即時編集したエンドロールが流れ、新郎新婦は退場。
無事に終わって とにかくほっとしました!
終わってみれば本当にあっという間の時間だったけど、最後にゲストの皆様の笑顔と言葉で、想像していた以上に素晴らしい結婚式になったと実感できました。

ホテルスタッフの方々、司会者さん、コーディネーターさん、カメラマンさん、音響・映像スタッフさん、ひとつ上を行く抜群のセンスとおもてなしの心でこの空間を作り上げてくださり、ありがとうございました。
わたしたち二人を引き合わせてくださり、結婚式までの期間も当日もたくさんお世話になった斜軽さんご夫妻、本当にありがとうございます。
何より、こんなに素晴らしい結婚式を挙げさせてくれた私の両親、新郎のご両親、一緒に全力で結婚式の準備をしてくれた旦那さんに、感謝しています。

そして、お祝いをしてくださった皆様 本当にありがとうございました。
Top▲ | by tsubamenote | 2013-12-14 23:19 | Wedding覚書 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin