Top
タグ:家族 ( 4 ) タグの人気記事
Top▲ |
はじめての鯉のぼり baby
b0233906_11283786.jpg
たいちゃんの初節句を前に、義実家に鯉のぼりを立てました。
b0233906_11283792.jpg
まだまだ、空に泳ぐ鯉を見ても「??」な感じのご本人ですけど・・・

わたしの実家では鯉のぼりはなかったので、たいちゃんにとってもわたしにとっても、初めての鯉のぼり。
男の子ならではの楽しみですね。
b0233906_11283771.jpg
そんな鯉のぼりを立てていた時、ひとりビビっていたのは・・・
みーちゃん(犬)です。久しぶりの登場!
b0233906_11283728.jpg
大きいモノがちょっと怖いらしく、はためく鯉のぼりを見ては後ずさりしていたみーちゃん・・・。
(そんなとこがかわいい)

たいちゃんとみーちゃんの関係は、まだお互いに何者かわかってないような様子だけど、怯えたりすることもなく、今のところ穏やか。
一緒に転げ回って遊んでくれる日を夢見ています。


Top▲ | by tsubamenote | 2016-04-25 11:43 | こども | Comments(0)
年末所感 2015→2016
明けましておめでとうございます

…と言うのも今更感満載な、年明け最初のブログ更新です。
もうPC開く間もなく、初めてスマホから投稿…。
b0233906_23413429.jpg

年末年始は、我が子(たいちゃんと呼んでますのでここでもそうしますね)のお世話で正月浮かれモードにはなれませんでした。
というのも、12月入る頃から乳児湿疹がひどくなり、小児科で薬を出されて一旦は引いたもののその後再発。
医療機関が休みに入る年末になって更に悪化させてしまい…3が日までずっと心配が尽きませんでした。

正月明けすぐ皮膚科を受診、適切な生活指導と塗り薬によってみるみる回復!
本来の白いもち肌が戻ってきました…

それまでの家でのケアにも、無知ゆえ問題があったみたいで。つらい目に遭わせてしまったことを情けなく思って落ち込みもしましたが、勉強にもなりました。
これからまだまだ色んな局面があるだろうけど、その時、親がどんな判断をするか?その責任と覚悟、正しく判断ができる軸を持っておきたいものです。

12月半ばにはお宮参りを行い、日々ムチムチと大きくなるたいちゃん。
もう少しで3か月です。

泣き声も、笑顔も、ちょっと高い声の宇宙語も、おっさんみたいな寝顔も、今だけの大事な瞬間。
どんどん変わっていくのだろうけど、ずっと覚えておきたいな。


Top▲ | by tsubamenote | 2016-01-08 23:16 | こども | Comments(0)
3人暮らし、スタート【生後1か月】
臨月から数えて約1か月間の実家里帰り生活を終え、
夫婦と赤ちゃんの親子3人暮らしがスタートしました。
b0233906_11281795.jpg
生後1か月を過ぎて、日ごとにまるまる、むちむちと成長中の我が子。
寝て、泣いて、飲んで、な新生児から少しずつご機嫌な表情も見せてくれるようになってきました。
今は小動物のようなかわいらしさを堪能しています・・・!

そういえばこっちに帰ってきてから、一度も哺乳瓶を咥えていないような。授乳後に満足したように寝落ちたときの顔を見るのが好きです…

昼間はわりと良く寝るみたいで、今も膝の上に寝かせた状態でPCを開いております(できるもんなんやなぁ〜)。昼間おとなしい分、父ちゃんが帰った頃には良く泣いてます…。

写真の右下は、布おむつ着用の我が子。
産む前からぜひ布おむつを使おうと思っていて、Kotori Worksさんで一式そろえました。
始めるまでは少し勇気が要りましたが、意外にも簡単だし、まめに替えてあげるようにすれば漏れません!今のところは日中、家にいる間のみ布おむつ、夜と外出時だけ紙おむつにしています。

紙おむつでおしりが結構赤くなってしまったのですが、布だとやっぱり刺激が少ないようでおさまってきました。おむつ替えの後も何となく気持ち良さそうな感じだし、やってみて良かったなぁ。

さて、目下の課題は、おうちの中をこども仕様に、そして増えていく服や消耗品の収納を構築していくことです。いつ手を付けられるかな〜。

◆前回の記事をエキサイトブログの「みんなの投稿」でピックアップしていただきました。ありがとうございます!

Top▲ | by tsubamenote | 2015-11-28 11:50 | こども | Comments(0)
第1子男児を出産いたしました baby
この度、第1子となる男児を無事出産いたしました。
3594gの、大きくて元気な男の子です。
b0233906_13543970.jpg
出産予定日の前日、起床とともにおしるしと陣痛の始まりを確認し、午前中には入院決定。
土日でちょうどわたしの実家へ泊まりにきてくれていた旦那さんもずっと付き添いでき、
しかも予定日ちょうどに産まれそうだなんて…「さすがタイミングの分かってる、賢い子だね〜!」とお腹を撫で回しました。

その日の午後を回ると陣痛が本格化するものの子宮口はなかなか開かず、一晩中辛い時間が続きました。深夜の分娩室で絶叫・・・!
もう、自分のことでいっぱいいっぱい。赤ちゃんの存在を意識する余裕はなくて、痛みの中で色々なことを考えました。

そして明け方、朦朧とした意識の中でおそらく破水したのち、いよいよいきめる段階に。
集中して深く呼吸し、そこからは進むのが速かったです。

6:50 誕生。
震える身体で、我が子を胸に抱いて、ただ「ありがとう」と伝えました。
b0233906_13543835.jpg
入院中は母乳特訓(ただひたすら吸わせる、痛くてもこらえる…)&寝不足を乗り越え、今日退院しました。
産院のスタッフのみなさんに親身になって看ていただいたおかげで、なんとか母乳だけでもいける実感をもって帰って来れました!

1日中見ていて飽きないんですね、赤ちゃんって。知らなかった。
これから毎日、くるくると様子を変えて成長していく我が子。
わたしたちを夫婦から家族にしてくれた、我が子。
今しかないこの時を大事にしながら、一緒に成長していきたいと思います。



Top▲ | by tsubamenote | 2015-10-25 14:08 | こども | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin