Top
3人暮らし、スタート【生後1か月】
臨月から数えて約1か月間の実家里帰り生活を終え、
夫婦と赤ちゃんの親子3人暮らしがスタートしました。
b0233906_11281795.jpg
生後1か月を過ぎて、日ごとにまるまる、むちむちと成長中の我が子。
寝て、泣いて、飲んで、な新生児から少しずつご機嫌な表情も見せてくれるようになってきました。
今は小動物のようなかわいらしさを堪能しています・・・!

そういえばこっちに帰ってきてから、一度も哺乳瓶を咥えていないような。授乳後に満足したように寝落ちたときの顔を見るのが好きです…

昼間はわりと良く寝るみたいで、今も膝の上に寝かせた状態でPCを開いております(できるもんなんやなぁ〜)。昼間おとなしい分、父ちゃんが帰った頃には良く泣いてます…。

写真の右下は、布おむつ着用の我が子。
産む前からぜひ布おむつを使おうと思っていて、Kotori Worksさんで一式そろえました。
始めるまでは少し勇気が要りましたが、意外にも簡単だし、まめに替えてあげるようにすれば漏れません!今のところは日中、家にいる間のみ布おむつ、夜と外出時だけ紙おむつにしています。

紙おむつでおしりが結構赤くなってしまったのですが、布だとやっぱり刺激が少ないようでおさまってきました。おむつ替えの後も何となく気持ち良さそうな感じだし、やってみて良かったなぁ。

さて、目下の課題は、おうちの中をこども仕様に、そして増えていく服や消耗品の収納を構築していくことです。いつ手を付けられるかな〜。

◆前回の記事をエキサイトブログの「みんなの投稿」でピックアップしていただきました。ありがとうございます!

Top▲ | # by tsubamenote | 2015-11-28 11:50 | こども | Comments(0)
第1子男児を出産いたしました baby
この度、第1子となる男児を無事出産いたしました。
3594gの、大きくて元気な男の子です。
b0233906_13543970.jpg
出産予定日の前日、起床とともにおしるしと陣痛の始まりを確認し、午前中には入院決定。
土日でちょうどわたしの実家へ泊まりにきてくれていた旦那さんもずっと付き添いでき、
しかも予定日ちょうどに産まれそうだなんて…「さすがタイミングの分かってる、賢い子だね〜!」とお腹を撫で回しました。

その日の午後を回ると陣痛が本格化するものの子宮口はなかなか開かず、一晩中辛い時間が続きました。深夜の分娩室で絶叫・・・!
もう、自分のことでいっぱいいっぱい。赤ちゃんの存在を意識する余裕はなくて、痛みの中で色々なことを考えました。

そして明け方、朦朧とした意識の中でおそらく破水したのち、いよいよいきめる段階に。
集中して深く呼吸し、そこからは進むのが速かったです。

6:50 誕生。
震える身体で、我が子を胸に抱いて、ただ「ありがとう」と伝えました。
b0233906_13543835.jpg
入院中は母乳特訓(ただひたすら吸わせる、痛くてもこらえる…)&寝不足を乗り越え、今日退院しました。
産院のスタッフのみなさんに親身になって看ていただいたおかげで、なんとか母乳だけでもいける実感をもって帰って来れました!

1日中見ていて飽きないんですね、赤ちゃんって。知らなかった。
これから毎日、くるくると様子を変えて成長していく我が子。
わたしたちを夫婦から家族にしてくれた、我が子。
今しかないこの時を大事にしながら、一緒に成長していきたいと思います。



Top▲ | # by tsubamenote | 2015-10-25 14:08 | こども | Comments(0)
臨月の身体ケアに「お灸とかっさ」が即、効きました!
いよいよ、臨月に入りました。今月下旬にはひとり家族が増えているはずです・・・
良い気候の中で臨月、お産を迎えられるのはありがたいことです。

こちらのブログではあまり妊娠生活のことは書いていませんでしたが(もうひとつの方で思いっきり書いてるから)、最近続けている身体のケアで「即、効いたー!!」と実感できたことがあったので、書いておこうと思います。
b0233906_10164112.jpg
それが、お灸とかっさでの脚のトリートメントです。

9月中旬、こちらの講座に参加して勉強して、
3分でむくみ脚スッキリ!冷え性改善お灸と美脚かっさセルフケア講座
正しいお灸の据え方、かっさ(写真中央の黒いプレート)でのマッサージ法を教えていただきました。
受講した目的は、ただでさえ太い脚を産後に細くするにはどーしたらいいのか・・・を今のうちに学んで実践したかったから!に尽きます。(20代のうちに積み重ねた冷え・生活習慣で脚の冷えとむくみとセルライトが相当根深いんです…)

受講後、お灸を買い込んで毎晩実践。わたしの場合は
お風呂前にお灸→入浴で更に血行促進→上がってからかっさ、の順でやります。

お灸はドラッグストア等で手に入る「せんねん灸」を使い、ツボに据えて温めます。
妊娠中NGとされるツボは避けますが、安産灸と呼ばれる「三陰交」には重点的に!いいお産にもつながるように。
ちなみにお灸の煙のにおいが結構髪や服についてしまいますが、すぐお風呂に入るので気になりません。

お風呂上がりには、かっさプレートの登場。オイルで滑りを良くして、ゆーっくり丁寧に老廃物を流していきます。20分ぐらい…
ここまでやると、脚がポカポカとしてきて、寝付きがよくなったように感じます。

数日これを続けていて、夜中(明け方)に必ずといっていいほどトイレに行くように(笑)
で、気になる体重を毎日計っていたら…
あれ??先週激増してた体重が、戻っていってる・・・??」と気付きました。
この前の妊婦検診で、体重が急激に増えてしまって。でももう臨月だから…とある程度開き直ってしまっていたのです。でも体重がなぜかまた減って!
変えたこと、思い当たることと言えばこの「お灸とかっさ」しかないんですよね・・・!
憶測ですが、血行促進と老廃物を流すことをしたので、結果、身体の排出がよくなった(トイレの回数が増えた)ために体重が減ったのでは、と思っています。

産後のボディケア・美脚を目的に学んだお灸とかっさ。妊娠中は練習のつもりで始めていました。
それでも、思わぬ形でこんなに即効性が出るのには驚き!身体の変化や反応って、つくづくおもしろいなぁ〜とニヤニヤしてしまうのでした。

そしてこのお灸とかっさ、何より気持ちいいので毎日続けられます。
産後はどれだけ時間をかけられるかわからないけど、もうやめられません!
安産と、産後の明るい生活のために。そして自分の身体も今よりキレイになるように。それを目指して続けます。

冷えてる人、溜めてる人、お灸とかっさは絶対おすすめですよー。

◆妊娠中の記録を別のブログで書いています◆
つばめの巣ノート
妊娠を考えている方や、これから赤ちゃんを迎える方の
参考になれば幸いです。


Top▲ | # by tsubamenote | 2015-10-02 11:11 | 第1子妊娠中 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin