Top
カテゴリ:プロレス観戦記( 3 )
Top▲ |
8か月児とプロレス観戦してきた!新日本プロレスDOMINION6.19大阪城ホール
b0233906_23103718.jpg

昨年から、旦那さんの趣味に付き合う形で行くようになったプロレス観戦。

★これまでの観戦記
【プロレス胎教】新日本プロレス21年振りの大阪城ホール大会を観戦しました
【プロレス観戦記】新日本プロレス 9.27 DESTRUCTION in KOBE

たいちゃんが産まれてからはテレビ(地上波とBSの深夜に放送してるワールドプロレスリング)でチェックしていました。
そして今年も、大阪城ホールでの開催が決定…たいちゃんも8か月になり、だいぶしっかりしてきてお出かけにも慣れたので、いけるでしょう!ということで一緒に観に行くことに!

でも初めての赤ちゃん連れでの大きなイベント。事前に気掛かりな点もありつつ、現場ではこうだったというポイントも分かったので、まとめておこうと思います。
これから赤ちゃん連れのプロレス観戦を考えてる方の参考になればと思います。

◆ベビーカー預かりは「総合案内所」でしてもらえる
まず気になったのがこれ。置き場や預かりサービスの有無について、公式サイトや検索でも明確な情報は分からなかったので、大会の前々日に新日本プロレスに直接電話で聞きました…
すると会場入口付近に「総合案内所」を設けるのでそこで預かり可能とのことでした。
当日は入口のすぐ横に案内所があり、ベビーカーを預けて引換番号をもらいます。帰りも番号を渡してすぐに受け取りできました。
ちなみに座席にベビーカーを持ち込むことは出来ません。

◆授乳スペースもあり。スタッフさんに聞こう
たいちゃんはまだ4-5時間おきに授乳してるので大会中も1回はあげないと!で最初はホールの扉外の通路ベンチで授乳ケープを使おうと思いましたが、たいちゃんが嫌がって断念…。大阪城ホール自体には授乳室がないみたいで、ダメ元で再び総合案内所へ。するとホール内の会議室を1つ、授乳室として空けているとのことで案内してくださいました。
この辺の対応は、会場によっては色々違うのかもしれませんね。涼しい部屋で周りを気にせず授乳が出来てとっても助かりました!

総合案内所にいるスタッフさんが女性だったのも、子連れの身には安心できたかな。裏方さんの対応、気の届いた運営、非常に大事。
公式サイトでも、総合案内所でこんな対応できるっていう情報提供すればいいのになぁ…!
twitter等で発信されてるのかも知れないけど、わたしは見ないから分からないし。。
b0233906_23103537.jpg
負傷欠場の棚橋選手、観たかったけどもラダーマッチは痛そうなので、これで良かったのかも。
エルガンかわいいってうちの姪っ子が言ってました。


◆子がぐずったら即、入口付近へ…
プロレスの演出って照明も音響もかなり派手です。試合中は大歓声だし。たいちゃんもぐずること数回…
ぐずりだしたらお父ちゃんがたいちゃんを抱えてサッと入口付近へ!(笑)2階席の通路側だったので外には出やすくて助かりました。お父ちゃんもそのまま試合は観れたようで良かった。
8か月児には流石に、じっと観てるのは難しいですね(-。-;
b0233906_23103455.jpg
“レインメーカー”オカダ・カズチカ選手。
あっ、そういえば今日、外道さんいない。って後で気付きました。


◆夫婦+同行してくれる人がいれば大助かり!
わたしには、たいちゃんを溺愛する姪っ子(19)がいるのですが、プロレスに興味あると言ってたので、たいちゃんの子守りのお願いも兼ねて誘いました。
姪っ子にとっては、初めての生プロレスを楽しんで、たいちゃんも可愛がれて大満足だったようです!
わたしたち夫婦にとっても、たいちゃんをあやしてもらったり、ちょっと荷物を持ってもらったりと大助かりでした。次も絶対一緒に行きます♪
b0233906_23103543.jpg
試合中に粛々と、オカダドルの片付け。


◆会場までの移動など
昨年の大阪城ホールは電車移動でしたが、赤ちゃん連れならやはりクルマが楽でしょう。
駐車場だけは事前に調べて、ホールまで徒歩5分ほどの大きなパーキングを利用しました。

あと、時間に余裕を持たせて会場に着いたのですが、グッズ販売などはすごく並ばないといけなかったのでその辺はスルーせざるを得なかったです。仕方ない。

大会中は4時間ほどの長丁場ではあるけど、思っていた以上に赤ちゃん連れでも快適に観戦できて満足度高し!でした。
b0233906_23103758.jpg
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの皆様。
このあと、内藤選手以外の面々が素直に指示に従い退場してたのがなんか愛らしかった。

b0233906_23103430.jpg
メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合。
大会前の煽りでは、内藤選手を推してるように見えてたし、
場内の歓声も見事な程に半分に割れてた(大ブーイングも含め)。
でも最後に降ったのは、カネの雨。ベルトは再びオカダの元に。
でも、わたしの印象では、存在感で上回ってたのは内藤のほうだと思う。


1年前のこの場所でも観てたのだけど、今年の方が確実に盛り上がっているように感じました。
去年のカード、選手の立ち位置、今思い返せば全く違って。中邑真輔もAJスタイルズなんかも居なくなってるにもかかわらず。

わたしも最初はプロレスの何が面白いのかまったく理解してなかったけど、1年通して観ていると、その流れを辿り、先を読もうとするのが楽しいような・・・何となくわかってきた・・・気がします。

おもしろかったー!

b0233906_23103751.jpg
たいちゃんは会場出てからパタッと寝るのかと思いきや、ずっとテンションが高かったです。
バースデイ×新日本プロレスのベビー服、ライオンマーク(赤)着ていきました。

Top▲ | by tsubamenote | 2016-06-20 23:24 | プロレス観戦記 | Comments(0)
【プロレス観戦記】新日本プロレス 9.27 DESTRUCTION in KOBE
b0233906_10242640.jpg
もう臨月だというのに…またしても、プロレス観戦に行ってしまいました。旦那の付き添いですよ!!(強調)

神戸・ワールド記念ホールで開催の新日本プロレス「DESTRUCTION in KOBE」。
(同日に鈴鹿で開催のF1日本グランプリと迷って、プロレスに軍配が上がったという…)

観戦中は歓声を上げたり選手に感情移入するまではいかず、お客さんを観察したり写真撮影に専念します。ざっと写真を載せます。

b0233906_10385520.jpg
今回、選手のマイクアピールが多かった気がする。
「レインメーカー」オカダ・カズチカはAJスタイルズを挑発。
b0233906_10385916.jpg
「100年に1人の逸材」棚橋弘至!
b0233906_10520501.jpg
ハイフライ
b0233906_10520552.jpg
フロー!!
b0233906_10520551.jpg
わたしもタオル投げたい。
b0233906_10520520.jpg
キャラクター的に一番好きかも、中邑真輔。滾りながら入場(写真ブレたー)。
この日のメイン試合です。
b0233906_11013714.jpg
b0233906_11013733.jpg
後半は技の応酬で、場内大盛り上がり。
b0233906_11013794.jpg
そして最終的に人気のある選手の方が勝てば、めちゃくちゃ盛り上がります。


プロレス、わたしほんとに当初は興味が持てなくて、でも旦那に昭和のプロレスDVDを何回も見せられて(猪木対ホーガン第1回IWGP舌出し失神事件とか、20回ぐらい見た気がする)…。

でもなんとなくプロレスの独特の世界観というか、他のスポーツにない奥深さが分かるようになって、ちょっと面白いなぁと思えるぐらいにはなりました。
(といっても、新日本以外の団体のことはほとんど知らない)

最近思うのは、プロレスラーのマイクアピールはいいな、と。
まあパフォーマンスだと言ってしまえばそれまでなんですけど、強い言葉で言い切る!というのは見ているほうもスカッとします。
プロ野球のヒーローインタビューでのコメントとか聞いてても、最近は「もっとはっきり言い切れや!!」とイラッときてしまうぐらい(笑)

スポーツでも何でも、生で体感するとその魅力が一気に理解してしまえるものです。
ファンが集まった熱気とか、場の雰囲気を感じるのもまた楽しい。
妊娠中にはさすがにもう観に行く機会はないと思いますが…今度は家族で。



Top▲ | by tsubamenote | 2015-09-28 11:09 | プロレス観戦記 | Comments(0)
【プロレス胎教】新日本プロレス21年振りの大阪城ホール大会を観戦しました
唐突ですが…わたしの旦那さんは、小学生の頃からプロレスファンでした。
「元猪木信者・初代タイガーマスクのファン、全日よりも新日」と言えば大体お分かりいただけるのでしょうか。昭和50年代後半頃が最もアツかったらしく、当時の試合DVD(燃えろ!新日本プロレスのシリーズ)を見せられたりして教育を受けるわたし。

わたしといえば最初は全く興味がなくて、プロレスのイメージといえば「大きいおっちゃんが戦っている」ぐらいのものでした…が、いつの間にか今年に入って2回もプロレス観戦に行くまでになってました。
b0233906_10081012.jpg
ということで、新日本プロレスが21年振りに大阪城ホールで開催する「DOMINION7.5 in OSAKA-JO HALL」に行ってきました。
前回、はじめてのプロレス観戦は2月の大阪府立体育館。人生2回目にして妊娠中に2回目のプロレス観戦…。我が子は胎教を受けプロレス好きに育つことは間違いなさそうです。

試合の方は、選手の名前やキャラクター、力関係などをなんとなく把握してきたためか、前回よりも楽しめました。
・白目の神は降臨しなかった
・こけしが決まって幸せを感じた(最近命中率が高い)
・中邑真輔選手は、登場するだけで面白い
そんなところばっかり注目してましたが。

大会4日前には前売券がソールドアウト、立ち見席を解放した当日券も札止めとなり11,400人の超満員!だったそうで。ハコの大きさもあって、盛り上がり方がすごい。
30代ぐらいの男性ファンが大半の印象だけど、一人で来てる女性ファンや、小さいお子さん連れのファミリーも目立ちます。
そんな光景をみていて、プロレスを知らないわたしが思うのは「あ〜、プロレスファンの人たち、幸せそうでいいなぁ」というのが素直な感想。でもそれって多分いちばん大事なことですよね。

精悍で美しい筋肉を纏った選手が花道からかっこよく登場して、100kg級の大男を軽々持ち上げたり、トップロープから宙を舞ったり。リング上で非日常の光景を見せてくれる様は、男性にとっては憧れで、女性にとってはアイドルさながら、なのかもしれません。

旦那さんはというと、よそのお子さん連れファミリーを見て「子ども連れてきてやりたいな」とポツリ。数年後にはまた、今度は3人で一緒に観に来ていることでしょうね・・・
その頃の新日本プロレスが今以上に盛り上がっているのか、ちょっと期待していたいと思います。


Top▲ | by tsubamenote | 2015-07-10 10:44 | プロレス観戦記 | Comments(0)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin