Top
カテゴリ:第1子妊娠中( 3 )
Top▲ |
臨月の身体ケアに「お灸とかっさ」が即、効きました!
いよいよ、臨月に入りました。今月下旬にはひとり家族が増えているはずです・・・
良い気候の中で臨月、お産を迎えられるのはありがたいことです。

こちらのブログではあまり妊娠生活のことは書いていませんでしたが(もうひとつの方で思いっきり書いてるから)、最近続けている身体のケアで「即、効いたー!!」と実感できたことがあったので、書いておこうと思います。
b0233906_10164112.jpg
それが、お灸とかっさでの脚のトリートメントです。

9月中旬、こちらの講座に参加して勉強して、
3分でむくみ脚スッキリ!冷え性改善お灸と美脚かっさセルフケア講座
正しいお灸の据え方、かっさ(写真中央の黒いプレート)でのマッサージ法を教えていただきました。
受講した目的は、ただでさえ太い脚を産後に細くするにはどーしたらいいのか・・・を今のうちに学んで実践したかったから!に尽きます。(20代のうちに積み重ねた冷え・生活習慣で脚の冷えとむくみとセルライトが相当根深いんです…)

受講後、お灸を買い込んで毎晩実践。わたしの場合は
お風呂前にお灸→入浴で更に血行促進→上がってからかっさ、の順でやります。

お灸はドラッグストア等で手に入る「せんねん灸」を使い、ツボに据えて温めます。
妊娠中NGとされるツボは避けますが、安産灸と呼ばれる「三陰交」には重点的に!いいお産にもつながるように。
ちなみにお灸の煙のにおいが結構髪や服についてしまいますが、すぐお風呂に入るので気になりません。

お風呂上がりには、かっさプレートの登場。オイルで滑りを良くして、ゆーっくり丁寧に老廃物を流していきます。20分ぐらい…
ここまでやると、脚がポカポカとしてきて、寝付きがよくなったように感じます。

数日これを続けていて、夜中(明け方)に必ずといっていいほどトイレに行くように(笑)
で、気になる体重を毎日計っていたら…
あれ??先週激増してた体重が、戻っていってる・・・??」と気付きました。
この前の妊婦検診で、体重が急激に増えてしまって。でももう臨月だから…とある程度開き直ってしまっていたのです。でも体重がなぜかまた減って!
変えたこと、思い当たることと言えばこの「お灸とかっさ」しかないんですよね・・・!
憶測ですが、血行促進と老廃物を流すことをしたので、結果、身体の排出がよくなった(トイレの回数が増えた)ために体重が減ったのでは、と思っています。

産後のボディケア・美脚を目的に学んだお灸とかっさ。妊娠中は練習のつもりで始めていました。
それでも、思わぬ形でこんなに即効性が出るのには驚き!身体の変化や反応って、つくづくおもしろいなぁ〜とニヤニヤしてしまうのでした。

そしてこのお灸とかっさ、何より気持ちいいので毎日続けられます。
産後はどれだけ時間をかけられるかわからないけど、もうやめられません!
安産と、産後の明るい生活のために。そして自分の身体も今よりキレイになるように。それを目指して続けます。

冷えてる人、溜めてる人、お灸とかっさは絶対おすすめですよー。

◆妊娠中の記録を別のブログで書いています◆
つばめの巣ノート
妊娠を考えている方や、これから赤ちゃんを迎える方の
参考になれば幸いです。


Top▲ | by tsubamenote | 2015-10-02 11:11 | 第1子妊娠中 | Comments(0)
妊娠中に読んでいる書籍3冊+α
妊娠生活も6か月目に入りました。

5か月中盤ごろからお腹も目立ってきて、6か月に入ってすぐの健診では性別も判明し(別のブログで詳しく書きました、この記事の最後にリンクがあります)、日ごとに実感が増していく最近です。

そんな中、妊娠中と子どもが産まれてからのためにわたしが読んでいる本について書いておこうと思います。

◆若杉友子さんの本◆

子宮を温める健康法

若杉友子/WAVE出版

undefined


こちらは妊娠を考え始めた頃に手に取って、あらゆる面で衝撃を受けた1冊。
「現代女性は子宮が冷蔵庫のように冷えきっている」というオビの言葉に、ドキッとしませんか?
本当に、世の中の全ての女性に読んでほしいと心から思う本です。
少し昔の日本人が当たり前にやってきた食事、生活習慣、食養の教えから見直す自分の身体のこと。この本を読んでから、わたし自身、食べ物や身体への見方、考え方がかなり変わったと思います。

若杉ばあちゃんの一汁一菜子育て法

若杉 友子/WAVE出版

undefined


そして、先日新たに購入した若杉ばあちゃんの子育て本。
「子宮を温める健康法」にも書かれていることがベースになっていますが、子どもの食べ物や、薬に頼らず自然のものでできる手当て法などがわかります。

若杉ばあちゃん、いつか絶対に生でお会いしてお話を聞きたいです。

◆ばあちゃん助産師(せんせい)坂本フジエさんの本◆

ばあちゃん助産師(せんせい) こころの子育て

坂本 フジヱ/産業編集センター

undefined


こちらは、わたしの母が買ってくれました。
子どもを迎えてからの、お母さんや家族の心の持ちようについて綴られています。
全部「は〜、そうやなぁ」という風にスーッと胸に入ってきます。
大きい字で書かれていて読みやすく、目を使い過ぎてはいけない妊産婦さんへの心遣いを感じます。

それから、書籍ではないけど、とても頼りにさせていただいている情報源を。

◆助産師 ほしこさんのブログと「産後1か月リハビリBOOK」◆
産む力を育てる助産師の整体【あったかい手】@福岡
こちらのブログ、妊娠前に身体を整える方法を模索している時に出会い、もう隅から隅まで読み、とても参考にさせていただいていました。
助産師さんで、ご自身の二人の女の子の出産・育児経験に基づいた女性の「産む力」を育てる身体の使い方やちょっとしたコツを、分かりやすく丁寧に書いておられます。
最近、受付を開始された「産後1か月リハビリBOOK」はわたしも申し込み、安産と明るい産後のためのいちばん実用的な参考書にさせていただいています。

読んでいる本はまだ若干ありますが、その中でも特にためになる(個人の見解です)と思うものを挙げてみました。これからお母さんになる方、いまお母さんを頑張っている方にも、役立つことがいっぱいあるんじゃないかなと思います。

◆妊娠中の記録を別のブログで書いています◆
つばめの巣ノート
妊娠を考えている方や、これから赤ちゃんを迎える方の参考になれば幸いです。

Top▲ | by tsubamenote | 2015-06-03 11:18 | 第1子妊娠中 | Comments(0)
ご報告
私事になりますが、ご報告です。
この度、第一子となる新しい命を授かりました。

先日、五か月目の最初の戌の日に、家族で安産祈願へ行ってきました。
わたしの実家と義実家との中間ぐらいに位置する、石清水八幡宮(はちまんさん)でご祈祷をしていただきました。
b0233906_10524764.jpg
当日は朝からこの上ない晴天で、本殿には爽やかな風が通り抜け、鳥の声なんかも聞こえてきて…
家族みんなでこんな日を迎えられたことを、とても有り難く思いました。
おさがりとしていただいた腹帯とお札は、リビングの書棚にお祀りしてみました(これで正しいのかあやふやなままですが…)。

妊婦期間もそろそろ折り返しにかかり、10月下旬の予定日までは、安産と明るい産後のための身体作りに励んでいく所存です。



Top▲ | by tsubamenote | 2015-05-21 11:04 | 第1子妊娠中 | Comments(2)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin